ページのトップに戻る

24時間【WEB予約】はこちら
お問合わせ

休業と休職の違い

休業と休職の明確な違いについてご存知でしょうか?
一般的に、言葉が似ていることから混同されることも少なくないですが、両者は全く異なる意味で用いられています。
休業とは、企業と従業員との間で労働契約関係が続いている中で、企業もしくは従業員側の事情により、業務免除を命じられた上で、休暇を取得することを意味します。

従業員の事情により休業する場合は、企業側に給料の支払い義務は発生しませんが、企業側の事情で休業となった場合は、企業側が平均賃金の60%以上の休業手当を支払うよう義務付けられております。(労働基準法第26条)一方、休職とは、企業と従業員との間で労働契約を継続した状態で、一定期間の業務停止を命じることを指します。
労働基準法における規定はありませんが、主に従業員側の状況・勤務態度等に何らかの問題があり、企業側が従業員に対して業務停止を命じるか、従業員からの申し出を承認する形で行われるのが一般的です。休職の期間中は、休業とは異なり、企業側に賃金の支払い義務はございません。

このように、休業と休職とでは、賃金の支払い義務の有無に違いがございますので、人事担当者様は覚えておくと良いかもしれません。社内の労務管理に関することで何かお困りの際は、お気軽に【社会保険労務士事務所アルモニー】にご相談ください。


労務トラブルのご相談は心と法律の専門家【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

  • 福岡で労務トラブルを抱えている企業様は、心と法律の専門家【社会保険労務士事務所アルモニー】にお問合せください。
    社会保険労務士・精神保健福祉士の2つの資格を活かし、組織全体から問題を精査し、問題が見つかった際には、予防を重視した対応を行います。

    「ストレスチェックを実施したいが、どうすればよいかわからない」、「パワハラ・セクハラ等の予防研修を労災の観点からも実施したい」などの疑問や相談にも真摯にお応えいたします。
    各企業様専用のお悩み相談窓口の設置依頼も承っておりますので、興味のある企業様は、お気軽にご連絡ください。

  • 労務トラブルのご相談は心と法律の専門家【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

福岡で労務トラブル(メンタルヘルス)の相談をするなら【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

  • 福岡で労務トラブルの相談をする際は、メンタルヘルスの対策に力点を置く【社会保険労務士事務所アルモニー】にご連絡ください。

    【社会保険労務士事務所アルモニー】では、社会保険労務士と精神保健福祉士の2つの国家資格を活かし、企業様と従業員様の双方の視点から、メンタルヘルスに関するご相談・対策ルール策定などの業務サービスをご提供しております。
    WEBから24時間体制でご予約を承っておりますので、福岡で労務トラブル(メンタルヘルス)にお悩みの企業様は、お気軽にお問合せください。

  • 労務トラブル(メンタルヘルス)の相談をするなら【社会保険労務士事務所アルモニー】へ