ページのトップに戻る

24時間【WEB予約】はこちら
お問合わせ

残業の上限とは?

  • 労働基準法で定められた「法定労働時間」では、1日8時間・1週間40時間を超えて労働させることを禁じています。
    従って、この時間を超えて従業員に残業させると違法になってしまいますが、どこの企業様でも、上記の上限を超えて残業してもらう必要が発生する場合もあるかと存じます。

    その場合は、あらかじめ使用者様と労働組合の間で36協定(労働基準法第36条)を締結し、所轄の労働基準監督署へ届け出を行う必要がございます。
    36協定では、一般労働者の残業時間の上限を、1週間15時間・1か月45時間と定めておりますが、繁忙期や一時的に需要がある場合は、特別条項付き協定を締結することにより、上記の残業上限を超えて残業させることも可能です。

    しかし、長時間労働が常態化するような職場環境は、従業員のメンタル不調・過労死などのリスクを増加させてしまう可能性もございます。【社会保険労務士事務所アルモニー】では、メンタルヘルス不調者対応の専門家である精神保健福祉士が、従業員個別面談を行っております。面談内容や料金等でご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

  • 残業の上限とは?

福岡で労務トラブル(パワハラ・セクハラ)にお悩みなら【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

  • 福岡で労務トラブル(パワハラ・セクハラ)にお悩みの企業様は、【社会保険労務士事務所アルモニー】にお越しください。

    【社会保険労務士事務所アルモニー】は、福岡の心と法律の専門家として、ストレスチェックの実施から、法令指針通達における体制整備まで、幅広い業務サービスをご提供しております。
    労働環境整備の専門家である社会保険労務士が、労災の観点からパワハラ・セクハラなどに最適な改善策をご提案いたします。
    労務トラブル(パワハラ・セクハラ)にお悩みの際は、ぜひ【社会保険労務士事務所アルモニー】にご相談ください。

  • 労務トラブル(パワハラ・セクハラ)にお悩みなら【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

労務トラブル(メンタルヘルス)の相談をするなら【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

福岡で労務トラブル(メンタルヘルス)に関する相談をする際は、【社会保険労務士事務所アルモニー】にご連絡ください。
【社会保険労務士事務所アルモニー】は、社会保険労務士と精神保健福祉士、この2つの資格を有する事務所として、社内のメンタルヘルスに関する問題にワンストップで対応いたします。無料相談も随時承っておりますので、メンタルヘルス対策をご検討されている企業様は、お気軽にご相談ください。