ページのトップに戻る

24時間【WEB予約】はこちら
お問合わせ

パワーハラスメントで労災認定される種類

  • 職場内のパワーハラスメントには、どのような行為がそれに該当するのか、分からない管理職の方も多いかと存じます。

    一般的に、法律上の明確な定義はございませんが、2012年に開催された厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」によりますと、職場内のパワーハラスメントの判断基準として、主に「精神的な攻撃」、「身体的な攻撃」、「過小な要求」、「過大な要求」、「個の侵害」、「人間関係からの切り離し」など、6つの行為類型が挙げられています。
    こうした6つの行為のいずれかの理由により、従業員がメンタル不全に陥った場合は、労災に認定される可能性があります。労災保険の保険料は、従業員を雇う事業主様が全額負担することになりますので、経営者様・管理職に就く方は、上記の行為が起こらないよう日頃から留意しておくことが大切です。

  • パワーハラスメントで労災認定される種類

福岡でパワハラの対策でお困りなら【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

  • 福岡でパワハラの対策をご検討されている企業様は、【社会保険労務士事務所アルモニー】にご連絡ください。パワハラを未然に防ぐためには、経営者様・管理職に就く方が、日頃からパワハラに対する正しい知識を持って、業務指導を行うことが重要です。

    【社会保険労務士事務所アルモニー】では、経営側・従業員側の双方の視点から、その組織のニーズや経営スタイルに合った、最適なパワハラ対策をご提案いたします。無料相談も随時承っておりますので、福岡でパワハラ対策を行う際は、お気軽にお問合せください。

  • パワハラの対策でお困りなら【社会保険労務士事務所アルモニー】へ

福岡でパワハラに関する対応でお困りなら包括的な研修の受講はいかがですか?

福岡でパワハラに関する対応でお困りの企業様は、【社会保険労務士事務所アルモニー】にご相談ください。
【社会保険労務士事務所アルモニー】では、パワハラに関しての従業員相談を承っており、法律・メンタルの双方の観点から、パワハラに関する問題を解決いたします。

パワハラ対策はもちろん、メンタルヘルス対策・労災対策・指導法対策等を盛り込んだ包括的な研修をご用意しております。より良い職場環境を実現するために、ぜひご活用ください。